仙台でアスレティックトレーナー・スポーツトレーナー
柔道整復師・理学療法士・視能訓練士・保育士・幼稚園教諭になる専門学校

文部科学大臣認定「職業実践専門課程」学校情報公開

Twitter YouTube Line Blog

視能訓練科

視能訓練科3年制職業実践専門課程認定

『視る(みる)』というチカラを検査・訓練・リハビリで支える国家資格

視能訓練士ってどんな仕事?
眼に関わる様々な検査と矯正訓練を行います。色覚・眼圧・屈折などの一般的な検査や子どもの弱視や斜視に関わる検査も担当します。検査結果を基に、眼科医師と協力して適切な矯正訓練を行います。
  • ポイント1

    就職に強く一生役に立つ国家資格。育児休暇後の職場復帰がしやすいことや、職場が変わっても経験や技術を活かせることも、人気のポイントです!

  • ポイント2

    仕事もプライベートも充実。夜勤がないのも、働きやすさの1つ。連休も多く、仕事とプライベートの予定も組みやすいお仕事です!

活躍できるフィールド
  • 眼科病院・クリニック

    65.7%

    眼科病院・クリニック

  • 総合病院

    18.7%

    総合病院

  • 大学病院

    11.1%

    大学病院

  • 4.5%

    その他

仕事内容の紹介
  • 目の健康を守る!
    目の健康を守る!

    遠視や近視、乱視などの検査、白内障や緑内障などの眼疾患の診断に関わる検査を行います。眼鏡やコンタクトレンズの処方に関わる検査も行います。

  • 集団健診で地域医療に貢献
    集団健診で地域医療に貢献

    学校や保健センターでの健診を担当します。乳幼児健診、生活習慣病健診を通じて眼疾患の早期発見・早期治療につなげます。

  • 視力回復を応援
    視力回復を応援

    子どもに多く見られる「弱視」や「斜視」に対して様々な訓練や検査を行います。

  • 患者様の日常生活をサポート
    患者様の日常生活をサポート

    様々な疾患が原因で視機能障がいを抱えた方、中高年の低視力者に対し、眼鏡や拡大鏡といった補助具の選定、使用のサポートを行います。

視能訓練科の強み

即戦力となる視能訓練士育成をめざした仙台医健独自のカリキュラム!!

  • 1

    多数の機器を用いて
    視能訓練士の「今」を学ぶ

    どの現場でも活躍できる
    視能訓練士に!


    医療機器の進歩はめざましく、特に眼科医療機器は日進月歩で変化しています。仙台医健でも様々な機器を揃え、臨床経験豊かな講師陣からじっくり学べる環境を整えています。

  • 1

    1年次からの豊富かつ多彩な
    実践型学習

    細かな実習指導が
    医療現場で活きる


    学内では経験豊かな視能訓練士の専任教員がきめ細かく実習指導を行います。技術的にはもちろん精神的なサポートもしてくれるため安心です。

  • 1

    地域との連携

    様々なフィールドで
    活躍できる視能訓練士を育成


    視能訓練士の仕事に欠かせない幼児の検査やロービジョンケア。現場で働く講師の授業や学外実習で学び、現場をイメージし、患者様に寄り添える視能訓練士をめざします。

生きた技術を学び、確かな現場力が身に付く!
  • 臨地実習で実践力を養成

    仙台医健では1年次から担任の先生と将来を見据えた個別面談を重ね、自分がめざす理想の視能訓練士に近づくことができる実習先を仙台医健から紹介します。臨地実習は3年次に8週間を2回行きます。在学中から多くの現場を経験することができます。

  • プラスの技術を身に付ける

    あらゆる患者様の検査ができるようになるため、レチノスコピーの技術を学びます。機械を使用しなくても正確に眼の屈折値を求められる高度な技術で乳幼児などの検査で役立ちます。非常に熟練が必要な検査なので、時間をかけて習得をめざします。

合格へ導く国家試験サポート
  • 模擬試験

    1年次から様々な校内模擬試験や統一模擬試験を受験します。

  • 特別講義

    国家試験対策のプロから学ぶことで効率良く対策を行うことが可能です。

  • 3年次の国家試験対策

    インターネットやスマートフォンを使った学習など、滋慶学園のグループ力を活かした試験対策を集中的に行います。


きめ細やかな学生サポート
  • 担任制&少人数教育

    1クラス40名。理学療法士が担任としてサポートします。

  • 学習・生活サポート

    学習計画の作成、小テストの実施、面談などを実施します。


初級障がい者スポーツ指導員の資格取得で視能訓練士の職域を広げられる

総合病院、大学病院、眼科病院・クリニックなどで必要とされるスキルを習得し、卒業後の可能性を広げます。模擬外来や視覚障がい者ガイドヘルプ実習では、ホスピタリティについても学ぶことができます。

主なカリキュラム
  • 生理光学
    眼球の仕組みと近視や遠視、乱視などの調節・屈折異常について学び、プリズム・眼鏡レンズやコンタクトレンズへの理解、矯正方法を学ぶ。
  • 視能矯正学実習
    視力矯正の検査方法を学び、臨床現場で患者様の状況に応じた検査を自分で組み立てて行えるように指導します。
視能訓練科データ
  • 男性も年々増加傾向です。

  • 数少ない養成校のため東北全域から集まっています。

ピックアップ
  • スキルアップ実習

    地域の方をお招きし、視力検査などの実習を行います。患者様の訴えから検査を組み立て実施し、声のかけ方、説明の仕方なども実践的に学びます。

  • 幼稚園実習

    斜視・弱視の検査や訓練で子どもに関わることも多い視能訓練士。幼稚園で眼の検査を実践します。

専門性が高く求められる存在!

視能訓練士は眼の機能や構造の専門家。病院や眼科クリニックでは視機能の検査を一任されます。検査データを元に眼科医の治療などが行われるため、眼科医からの信頼が厚い資格です。様々な医療機関から求められていますが、視能訓練士の数はまだまだ少ないのも現状です。

    例えば・・・

  • 視力障害

    視界がぼやける「視力障がい」

    • 視界がぼやけて見えづらくなる症状です。視力を測り、患者様に合った眼鏡やコンタクトレンズを提案します。

    例えば・・・

  • 視野障がい

    見える範囲が狭くなる「視野障がい」

    • 部分的に視野が欠けるなどして、見える範囲が狭くなる症状です。医師に検査結果を伝えるほか、生活にも支障が出るため『視生活』を支える道具を提案します。

    例えば・・・

  • 視野障がい

    「眼底撮影」

    • 眼の奥の状態を見ることで、眼の健康状態だけでなく、脳疾患や糖尿病など病気の発見など全身の健康状態がわかります。
様々な機器を用いて視能訓練士の「今」を学ぶ
  • 医療機器の進歩はめざましく、特に眼科医療機器は日進月歩で変化しています。仙台医健でも様々な機器を揃え、臨床経験豊かな講師陣からじっくり学べる環境を整えています。
    • 動的静的視野計動的静的視野計
    • 両眼開放式定屈折近点計両眼開放式定屈折近点計
STUDENT INTERVIEW
岩谷さん岩谷さん

岩谷 さん

秋田県立金足農業高等学校出身

眼について困っている人たちの役に立ちたい
人の生活において大切な眼について困っている人たちの役に立てる視能訓練士の仕事をしたいと思いました。患者様が安心して検査を任せられる視能訓練士になり、少しでも社会に貢献していきたいというのが私の夢です。学校が駅から近く学習環境が整っていたこと。東北だけでなく関東でも働いてみたいと考えていたので、多くの姉妹校がある滋慶学園のグループ力や、就職サポートが充実していることが仙台医健を選んだ決め手です。

STUDENT INTERVIEW
岩崎さん岩崎さん

岩崎 さん

岩手県水沢第一高等学校出身

幅広い患者様に、安心してもらえる視能訓練士になりたい
将来は、一人でも多くの方の、眼の病気の早期発見や早期治療に関わり、感謝されるような視能訓練士になることです。子どもから高齢者まで、幅広い患者様に「この人に検査をやってもらって良かった」と安心してもらえるようになりたいです。入学前の事前学習ができるMyスクールプログラムや、オリジナルの国家試験対策教材など、積極的に勉強に取組むことができ自分の夢に一歩でも近づけると思い仙台医健に決めました。

視能訓練士は、まだまだ不足しています!

約14,000人の眼科医に対して、視能訓練士も約14,000人とまだ少なく、一般の眼科医院はもちろん、大学病院や総合病院で働く視能訓練士も必要とされています。また、他の医療職と比較しても視能訓練士の国家資格を持っている人はまだまだ少ないのが現状です。
参照元:全国視能訓練士学校協会より

視能訓練士ってどんなお仕事?