• サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 情報公開
  • LINE
  • YouTube
  • Twitter
  • ブログ
  • 入学をお考えの方へ
  • 在校生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 留学生の方へ
  • 企業の方へ
  • 高校の先生方へ

視能訓練科

『視る(みる)』というチカラを検査・訓練・リハビリで支える国家資格

「視能訓練士」ってどんな仕事?

眼に関わる様々な検査と矯正訓練を行います。色覚・眼圧・屈折などの一般的な検査や子どもの弱視や斜視に関わる検査も担当します。検査結果をもとに、眼科医師と協力して適切な矯正訓練を行います。

視能訓練士データ

女性に人気の視能訓練士ですが、最近では男性の視能訓練士も増えています。国家資格を取得して女性も男性もずっと活躍できる職業です!※2014年~2015年入学者データ

視能訓練士データ

仕事内容の紹介

 視検査(眼機能の検査)

遠視や近視、乱視などの検査や、白内障や緑内障などの眼疾患に関わる検査を行います。眼鏡やコンタクトレンズの処方に関わる検査も行います。

 集団検診

学校や保健センターでの検診を担当します。乳幼児健診、成人病検診を通じて眼科疾患の早期発見・早期治療につなげます。

 弱視・斜視などの訓練

子どもに多く見られる「弱視」や「斜視」に対して訓練や機械や薬を使った様々な検査を行います。

 低視力者へのサポート

生活習慣病などが原因で視機能障がいを抱えた方、中高年の低視力者に対し、眼鏡や拡大鏡といった補助具の選定、使用のサポートを行います。

活躍できるフィールド

眼科病院・クリニック

眼科病院・クリニック
65.7%

総合病院

総合病院
18.7%

大学病院

大学病院
11.1%

その他

その他
4.6%

視能訓練士の魅力

川村 一之先生

視能訓練科

佐藤さん

福島県立福島北高等学校出身

就職に強く一生役に立つ国家資格

育児休暇後の職場復帰がしやすいことや、職場が変わっても経験や技術を活かせることも、女性に人気のポイントです!

視能訓練士の魅力は働きやすさにもあります。スペシャリストとして活躍するための制度が整っていることが特長ですが近年では男性の割合も増えてきています。

仕事もプライベートも充実

夜勤がないのも、働きやすさの1つ。しっかり仕事して、仕事後の予定も 組みやすいお仕事です。

病院や眼科クリニックは、診療時間が決まっているため、残業も比較的少ない職場。そのため、仕事後の時間を有効利用しやすく、仕事とプライベートの両方を充実させることも可能です。

視能訓練士への3年間

  • 1

    視能訓練士の基礎を固める
    主なイベント
    解剖見学実習
    国家試験対策
    国家試験対策模擬試験
  • 2

    臨床実習に向けレベルアップ
    主なイベント
    国家試験対策
    国家試験対策模擬試験
    学内検査実習
    国家試験特別講義
  • 3

    国家試験に合格! 国家試験受験
    主なイベント
    国家試験対策講義
    臨地実習
    国家試験対策模擬試験
    学内合同企業説明会
    内定獲得/就職活動
卒業
視能訓練士として活躍

仙台医健の国家試験合格率

  • 2016年3月卒業生実績

    100%

    18名全員合格
    全国平均94.0%
    ※2015年3月卒業の2名も2016年3月合格しました。

  • 2015年3月卒業生実績

    80%

    10名中8名合格
    全国平均88.9%

  • 2014年3月卒業生実績

    100%

    11名全員合格
    全国平均90.6%

※全国平均は同年・同年度実施の総合の合格率です。


目指せる資格

 視能訓練士(国家資格)

 初級障がい者スポーツ指導員

地域で活動する指導者で、主に初めてスポーツに参加する障がい者に対し、スポーツの喜びや楽しさを重視したスポーツの導入を支援する者。(公益財団法人 日本障がい者スポーツ協会HPより)

 救急法

基礎講習では、手当の基本、人工呼吸や心臓マッサージの方法、AED(自動体外 式除細動器)を用いた除細動などを習得できます。 (日本赤十字社HPより)

学生からのメッセージ

髙橋さん

大切な「眼」の仕事だから人の役に立ち笑顔にできる

佐々木 さん

仙台市立仙台高等学校出身

私は誰かの役に立ち、笑顔にしたいと考えていて、その時に見つけたのが視能訓練士でした。小さい子どもから高齢の方までの幅広い年齢の方々の日常生活に欠かすことができない「眼」について役立つことに魅力を感じています。
仙台医健を選んだ理由は、まず仙台駅が近く通いやすい点です。また、「Myスクール」という入学前に学ぶことができるプログラムによって一歩先取りで国家試験合格に向けて準備ができるという点も魅力的でした。実習授業では、実際に眼科で使われている医療機器を使って、使い方や患者様への対応の仕方、検査方法を覚えていくことで少しずつ視能訓練士という夢に近づくことができている実感があり楽しいです。
将来は、たくさんの人の不安を取り除き、患者様が安心して検査を任せられるような視能訓練士になりたいです。

卒業生メッセージ

武田 紗穂さん

視能訓練科 2015年3月卒業

武田 紗穂さん

宮城県多賀城高等学校出身
■ 医療法人社団 鈴木眼科医院勤務

視能訓練士をめざすあなたへ

患者様の生活をより充実したものにサポートする仕事が視能訓練士です。誰かの役に立つことをしたい、幅広い年齢層の方とコミュニケーションを取り仕事をしたいという方は、夢の実現のため仙台医健で学んでみるべきだと思います。助け合いながら充実した学生生活を送れます。

仕事のやりがい

治療を行うことで眼の調子が良くなった患者様から笑顔で感謝の言葉を言っていただけた時にとてもやりがいを感じます。もっと多くの患者様にも笑顔になっていただきたいと思うと、毎日の業務も自然と頑張れます。


プロからのメッセージ

川村 一之先生

視能訓練科 学科長

山田 みずえ先生

視能訓練士

視能訓練士は医師と患者様との橋渡しの役割を担っています
視能訓練士は眼の検査だけでなく、患者様にとって悩みを打ち明けやすい存在です。患者様の症状がどのように検査結果に反映しているか常に検証を行います。それらのデータから医師が医療方針を決定する、とても重要な仕事なので、信頼も厚い仕事です。
当学科では多方面からサポートできるよう、一般検査やロービジョンといった見えにくい方への眼科的治療だけでなく、福祉などの情報提供もできるよう知識・技術を習得します。
視能訓練士は“視る”ことへの不安に寄り添うことが求められる仕事。幅広い年齢層の患者様に対応できるコミュニケーション能力を身に付け、現場で輝ける視能訓練士をめざしましょう。

専門性が高く求められる存在!

視能訓練士は眼の機能や構造の専門家。病院や眼科クリニックでは視機能の検査を一任されます。検査データを元に治療などに活かすため、眼科医からの信頼が厚い資格です。様々な医療機関から求められていますが、視能訓練士の数はまだまだ少ないのも現状です。


視界がぼやけて見えづらくなる症状です。検査をして視力を測り、患者様にあった眼鏡やコンタクトレンズを提案します。

部分的に視野が欠けるなどして、見える範囲が狭くなる症状です。医師に検査結果を伝えるほか、生活にも支障が出るため『視生活』を支える道具を提案します。

眼の奥の状態を見ることで、眼の健康状態だけでなく、脳疾患や糖尿病など病気の発見など全身の健康状態がわかります。


生きた技術を学び、確かな現場力が身につく!

臨地実習で実践力を養成

仙台医健では1年次から担任の先生と将来を見据えた個別面談を重ね、自分が目指す理想の視能訓練士に近づくことができる実習先を仙台医健から紹介します。臨地実習は3年次の時に8週間を2回行きます。在学中から多くの現場を経験することができます。

プラスの技術を身につける

あらゆる患者様の検査ができるようになるため、レチノスコピーの技術を学びます。機械を使用しなくても正確に眼の屈折値を求められる高度な技術で乳幼児などの検査で役立ちます。非常に熟練が必要な検査なので、時間をかけて習得を目指します。

基礎からしっかり学ぶことができる!

どの現場でも活躍できる視能訓練士に!

様々な機器を用いて
視能訓練士の「今」を学ぶ

医療機器の進歩はめざましく、特に眼科医療機器は日進月歩で変化しています。仙台医健では最新の機器を揃え、臨床経験豊かな講師陣からじっくり学べる環境を整えています。

公益財団法人 日本障害者スポーツ協会

PAGE TOP