• サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 情報公開
  • LINE
  • YouTube
  • Twitter
  • ブログ
  • 入学をお考えの方へ
  • 在校生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 留学生の方へ
  • 企業の方へ
  • 高校の先生方へ

理学療法科

ケガや病気で身体が不自由な方の運動機能回復のために、リハビリテーションのプロを育てます。

「理学療法士」ってどんな仕事?

運動療法や物理療法を用いて、人間の「座る・立つ・歩く」といった基本的動作能力の向上を図ります。医療の分野に限らず福祉・介護分野やスポーツ分野にも活躍のフィールドが広がっています。

仕事内容の紹介

 運動療法

筋力・関節可動域・バランス能力・痛みの改善のために行い、起居動作(起きる・座る・立つなど)や歩行の運動巧緻性を高めます。

 物理療法

温熱・光線・寒冷・電気刺激・牽(けん)引などの手段を使い、痛みや循環の改善を図ります。

 その他にも…

病院を退院し、家に戻った場合に暮らしやすい環境をつくるための指導や、障がいのある方の介助法の指導も行います。

 ADL練習

日常生活を円滑に行うためのに必要な動作の助言・指導・訓練などを行います。

活躍できるフィールド

医 療

医 療
急性期、回復期から社会復帰まで、個々人のニーズに合わせたサポートを行います。

福祉・介護

福祉・介護
暮らしやすい生活環境の調整や社会参加を応援します。地域包括ケアを行う一員として活躍します。

保 健

保 健
健康教育や最近注目を集める介護予防分野で働きます。

地域包括ケア

地域包括ケア
理学療法士として“まちづくり・ひとづくり”で地域包括ケア社会のお役に立ちます。

理学療法士への4年間

  • 1

    理学療法士の基礎を固める
    主なイベント
    学外見学実習
    国家試験対策
    国家試験対策模擬試験
  • 2

    国家試験に備える
    主なイベント
    国家試験対策
    国家試験対策模擬試験
    解剖見学実習
  • 3

    臨床実習に向けレベルアップ
    主なイベント
    国家試験対策・模擬試験
    学内評価実習
    臨床評価実習
  • 4

    国家試験に合格! 国家試験受験
    主なイベント
    臨床実習
    国家試験対策講義・模擬試験
    就職セミナー/企業説明会/学内合同企業説明会
卒業
理学療法士として活躍

仙台医健の国家試験合格率

  • 2016年3月卒業生実績

    76.3%

    38名中29名合格
    全国平均74.1%

  • 2015年3月卒業生実績

    92.6%

    54名中50名合格
    全国平均82.7%

  • 2014年3月卒業生実績

    98.1%

    54名中53名合格
    全国平均83.7%

  • 2013年3月卒業生実績

    95.2%

    42名中40名合格
    全国平均88.7%

  • 2012年3月卒業生実績

    90.5%

    63名中57名合格
    全国平均82.4%

※全国平均は同年・同年度実施の総合の合格率です。


一人ひとりをサポートするために

即戦力となり幅広く活躍できる理学療法士を育成
最新の検査・測定・治療機器による充実した実習環境を整備し、実際の現場さながらの授業を行います。リハビリを必要とする患者様は様々です。そして理学療法士の活躍できる舞台も多岐に渡ります。仙台医健の理学療法科には小児や高齢者に対するリハビリ、スポーツ選手のサポートや海外での活動等多彩なキャリアを持った講師陣がいます。各分野のプロの先生方により、理学療法士として必要な実践的教育を受け、即戦力となりうる人材を育成します。

    ~高度専門士とは~ 高度専門士の必要要件

  1. 修業年限4年以上
  2. 総授業時間数が3,400時間以上
  3. 体系的に教育課程が編成されていること
  4. 試験などにより成績評価を行い、課程修了の認定を行っていること

この要件を満たした専門学校の卒業者は、「高度専門士」という学士と同等の称号が得られることになりました。大学卒業者と同等の学力を有すると公的に位置づけられるわけであり、就職時の採用、処遇面での評価の向上など、様々な効果を生み出します。

卒業生メッセージ

大森 さん

理学療法科 Ⅰ部(昼間)2015年3月卒業

大森 さん

宮城県石巻西高等学校出身
■ 社会医療法人 河北医療財団 河北リハビリテーション病院 勤務

理学療法士をめざすあなたへ

理学療法士になるには、骨や筋肉の名前を覚えたり患者様の動作を評価・分析したりと知識・技術が大切な仕事です。勉強中は大変だと感じることも多いと思いますが、リハビリをして良くなっていく患者様の姿や感謝の言葉にやりがいを感じることができる仕事でもあります。

仕事のやりがい

リハビリをしていて、なかなか身体機能が上らず介助量が重い患者様が最後には伝い歩きができるようになり、また一人で手すりを使用しなくても起立できるようになったことです。その時は患者様と一緒に喜びました。

PAGE TOP