仙台でアスレティックトレーナー・スポーツトレーナー
柔道整復師・理学療法士・視能訓練士・保育士・幼稚園教諭になる専門学校

文部科学大臣認定「職業実践専門課程」学校情報公開

Twitter YouTube Line Blog

企業の方

求人希望の企業様へ

仙台医健では現場で必要とされる即戦力の人材を育成しています。

スポーツ科学科 企業説明会のご案内

企業説明会のご案内
■ スポーツ科学科 企業説明会 ■
2017年5月24日(水) 10:00~17:40
■ 会場 ■
仙台医健専門学校 第1校舎
■ 対象学科 ■
スポーツ科学科 2年生・1年生
■ スケジュール ■
【スクール形式での企業説明および学生との質疑応答】
  • ① 10:00~10:40(40分)
    ② 11:00~11:40(40分)
    ③ 12:00~12:40(40分)
    ④ 13:00~13:40(40分)
  • ⑤ 14:00~14:40(40分)
    ⑥ 15:00~15:40(40分)
    ⑦ 16:00~16:40(40分)
    ⑧ 17:00~17:40(40分)
企業説明会エントリーフォームはこちら

※エントリー時は複数の時間帯をご選択下さい。後程担当者よりご連絡差し上げ、時間帯を打ち合わせさせていただきます。
※集合時間は、ご担当いただく時間の30分前を目安に、校舎にお越し下さい。

仙台医健専門学校 キャリアセンター

TEL:022-292-2155  FAX:022-291-5856  Email:success@sendai-iken.ac.jp

  • インターンシップ受け入れの企業様を募集しております。

    本校では産学協同教育プログラムとしてインターンシップ制度を設けております。 学生を受け入れていただける企業様・医療機関様がございましたら、下記フリーダイヤルまでお問い合わせくださいますようお願い申し上げます。

    0120-282-134

    022-292-2155(仙台医健キャリアセンター)

    022-291-5856(仙台医健キャリアセンター)

    インターシップ申込票ダウンロード オーダーフォームはこちら
  • 正職員求人情報に関しまして

    本校では専門職として社会に貢献できる人材の育成に努めております。 求人に関しては、新卒・既卒に関わらず広く募集しております。正職員採用をお考えの企業様・医療機関様がございましたら、下記フリーダイヤルまでお問い合わせくださいますようお願い申し上げます。

    0120-282-134

    022-292-2155(仙台医健キャリアセンター)

    022-291-5856(仙台医健キャリアセンター)

    正社員用求人票ダウンロード オーダーフォームはこちら

健康・スポーツ・医療・リハビリ・保育の業界で即戦力となる人材を育成!」

2007年4月開校以来、「実学教育」「人間教育」「国際教育」を教育理念として「職業人教育を通じて社会に貢献する」ことをミッションに業界の求める人材を業界と共に 産学協同教育システムで育成しています。国内外で活躍する現役のトッププロたちが直接指導し、業界で即戦力として活躍できる人材を輩出しています。

滋慶学園グループ共通の教育コンセプト

「建学の理念」(実学教育、人間教育、国際教育)を実践し、
「4つの信頼」(学生からの信頼、高等学校からの信頼、産業界からの信頼、地域からの信頼)を得ることです。

建学の理念
Three Educational Cuidelines

実学教育
Vocational Education スペシャリストの時代に即し、産業界に直結した専門学校として知識、技術、ビジネスマインドを持った業界が求める即戦力の人材を育成します。
人間教育
Human Education 「今日も笑顔で挨拶を」を標語に掲げ、思いやりの気持ち、コミュニケーションの大切さを学び、自立した社会人としての人間力(身構え、気構え、心構え)を身につけます。
国際教育
International Education 日本人としてのアイデンティティを明確に持ち、価値観や文化の違いを尊重して、より広い視野でものを見ることができるよう、真の国際的な感性を養います。

4つの信頼
The Four Pillars of Trust

  • 学生・保護者からの信頼
  • 高等学校からの信頼
  • 産業界からの信頼
  • 地域からの信頼

滋慶学園のシンボルマークのコンセプトは「五感、創造。」

滋慶学園 シンボルマーク

目=見る 耳=聞く 口=語る 鼻=嗅ぐ 手=触る五感を使って全身で学ぶ。
「学ぶ」とは、人間の伝達、創造活動を通じて世界と一体化することであることを示しているのがこのシンボルマークです。五感を働かせ、問題解決や創造活動のための能力を生み出し、コミュニケーションの力によって「建学の理念」と「4つの信頼」の実現を目指します。