仙台医健専・スポーツ専門学校

大好きなスポーツを仕事にするスポーツ科学科4年生。仙台医健でプロを目指す!4年制2コース

大好きなスポーツを仕事にするスポーツ科学科4年生。仙台医健でプロを目指す!4年制2コース

大卒の「学士」と同等の称号
「高度専門士」

高度専門士とは

修業年限が4年以上で総授業時間数が3,400時間以上などの一定の要件を満たす専修学校の専門課程の修了者に対し文部科学大臣が付与する称号で、大学卒業者と同等の学力を有すると公的に位置づけられ、就職時の採用、処遇面での評価の向上など、様々な効果を生み出します。また、大学院進学も可能になります。

  • 使える英語を
    身につける!
  • ゆっくりたっぷり
    学べる!
  • 豊富な
    実習期間
  • 4年制でじっくり学ぶから身につく

    能力・資格 5つのPOINT
  • POINT1

    プロアスリート、プロチームに関わる
    質の高いスキルと知識の習得

    4年間をかけた質の高い専門スキルの習得により、プロアスリートからハイレベルな競技団体までのサポートができる能力を身に付けます。
  • POINT2

    最先端のITを駆使した
    成果を得るための分析能力

    選手の能力を最新の機器を用いて分析し、最大級のパフォーマンスの発揮できるトレーニングプログラムと勝つための戦略プログラムの構築ができる能力を養います。
  • POINT3

    世界で活躍できるグローバルな
    能力を身に付ける

    留学プログラムにより、世界を舞台に活躍するための語学力と世界レベルのスキルを身に付けます。
  • POINT4

    さまざまなスポーツシーンで
    活躍できるマネジメント力

    多様化するスポーツ業界の中で、より自立したビジネスマンとしてスポーツ企業での活躍を目指すマネジメント力を身に付けます。
  • POINT5

    4年間で3,400時間を超える
    学びで質の高い専門性を学ぶ

    高度専門士は企業からの評価も高く、大卒の学士と同等の待遇が得られます。また大学院への進学も可能になります。
スポーツマネジメントテクノロジー科特設ページ

なりたい自分が見つかる!
4年制2コース

高度専門士 スポーツマネジメントテクノロジーコース_pc版 高度専門士 スポーツマネジメントテクノロジーコース_sp版
幅広く学んで
スポーツエンターテイメントを創れるようになる!
  • 英語力

    英語のレベル別・少人数制によるクラス分けで、実際に使える「英語力」を身につけます。
  • マネジメント・経済

    マーケット(市場)、金銭が発生する仕組み、企業運営に関してなど経済学の基礎からマネジメントまで学びます。
  • 企画・運営

    スポーツに関するあらゆるエンターテイメント(イベント・旅行・観戦など)の企画・運営の方法について実際に産業界の方と一緒になって実践的に学びます。
  • スマートスタジアム構想

    IoTにより利便性を向上させたスタジアムの総称。AR/VR、ドローンなどを活用した観戦の提供やリプレー、試合情報などの付加価値を提供することで、より観客の来場を促す戦略を学ぶ。
高度専門士 プロスポーツAIトレーナーコース_pc版 高度専門士 プロスポーツAIトレーナーコース_sp版
テクノロジーを利用してチームや選手を支える!
  • トレーナー技術・知識

    トレーナーの基礎知識から応用技術まで学び、トレーニング指導者としての資格取得も目指しています。
  • テクノロジー

    チームや選手のスケジュール・体調管理から心理面のサポートなどチーム作り・運営に関する様々なことを広く学びます。
  • 統計・分析

    チームの分析や選手の動作解析を行い、試合に勝つための戦略を映像編集の方法やデータ解析ソフトの操作方法なども学びます。
  • コーチング

    アナリストはゲーム戦略を考え選手に伝える上で指導者としての技術を身につけておかなければならないため、コーチング論を学びます。
スポーツ×IT=市場拡大

政府はスポーツ業界におけるIT活用を推進しており、市場拡大にはデジタルが欠かせないものとなっています。
ITとスポーツが融合することで新たなスポーツエンターテイメント(スポーツイベント、スポーツツーリズム、スマートスタジアムなど)が創出されます。そして、新たな市場産業が生まれ、拡大・発展へと繋がっていくのです。
今後、スポーツをする人(選手やスポーツチーム)はもちろんのことスポーツを観る人(観客)までも支えることができる人材が必要となります。
仙台医健・スポーツ専門学校では、データ分析などで選手・チームのパフォーマンスの向上に貢献し国内のスポーツ産業を盛り上げる人材、ITを活用して今までにないスポーツイベントや観戦の楽しみを創出する人材を育成していきます。

ITを利用したスポーツビジネス

ITを利用することで、スポーツを「観る」人は、これまでにない新たな観戦が可能になります。
例えば、同じプレーを多視点映像で楽しんだり、競技のスピードやパワーなどの数値を映像で見える化するなど、
より臨場感があり、深い洞察のできる観戦が可能になります。
またスポーツを「する」人に対しても、AIやドローンなどを駆使したデータ・動作分析などで、
チームや選手のパフォーマンスの向上につなげます。
ITはスポーツ業界を変え、より豊かにしてくれるのです。

  • スマートスタジアム

  • AI-IOT

  • ドローン

  • VR-AR

成長するスポーツ業界

昨今、スポーツ・健康ブームにより一般の方のスポーツへの関心が高まっています。プロスポーツ業界においても、日本開催のラグビーW杯の熱狂や2021年東京オリンピック開催など、スポーツ業界はさらなる発展を遂げようとしています。しかし、日本のスポーツ産業は縮小傾向にあります。
その理由としてテクノロジーの活用の遅れが原因として挙げられています。
背景には「デジタル人材の不足」が理由の一つとなっています。

スポーツ市場の拡大に欠かせない「IT」

政府は「日本再興戦略2016」の中で、日本のスポーツビジネスの市場規模を2025年までに15.2兆円まで拡大することを目指していると発表しています。
スポーツ庁は大規模スポーツ大会の実施やスタジアム・アリーナの整備、他産業との融合等による新スポーツ市場の創出などを推進しており、スポーツエンターテイメントビジネス業界の発展が予想されます。

スポーツを情報分析で
サポート!
スポーツアナリストの
仕事内容

スポーツアナリストは、スポーツの業界で選手や
チームを総合的にサポートする、専門性の高い仕事です。
この仕事が日本で注目されるようになってからは
ほんの10年ほどしか経過していないため、
まだまだ国内では認知度が低いのが現状です。
しかし、データを活用した戦略を採用するスポーツ選手や
スポーツチームが増えていることから、
今後スポーツアナリストの必要性が高まる可能性も
十分に考えられます。
ここでは、スポーツアナリストの
仕事内容について解説していきます。

今、スポーツアナリストの需要が高まっている

スポーツアナリストは、スポーツ選手やスポーツチームを勝利に導くためにサポートする職業です。ただ練習や試合の手助けをするのではなく、スポーツを科学的に分析したりデータ収集をしたりしながら、効率的な戦略を提案していきます。
スポーツに対して「ただがむしゃらに根性で戦う」というイメージを持つ人は多いものです。しかし近年では、あらゆる情報を分析して戦う戦略が勝敗を左右することが増えてきました。これに伴い、高い精度で戦い方を分析できるスポーツアナリストの需要も高まっています。

スポーツアナリストの仕事内容とは

スポーツアナリストは、さまざまな方法でデータ収集や分析をします。具体的には練習や試合の映像を解析したり、スコアを統計的に分析したりします。エンジニアリングやコンピュータサイエンスの領域から高度な分析をするスポーツアナリストも少なくありません。このことから分かるように、スポーツアナリストの仕事にはスポーツ専門の分析ソフトを使うことが多くなります。そのため、コンピュータを自在に扱う高い技術力も必要不可欠です。
また、スポーツ選手や監督は、その競技に対する十分な経験を持っています。そんな選手や監督に対し、競技者とは違う視点から精度の高い有用な情報を伝達することが、スポーツアナリストの存在意義といえます。

スポーツアナリストに必要な能力とは

優秀なスポーツアナリストになるためには、情報収集力や情報分析力が必要不可欠です。選手やチームに主観で指示を出すのではなく、データをもとにした客観的な情報を提供することが仕事になります。
そのため、情報を有用に活用してもらえるよう、選手やチームに上手に伝達する能力も重要です。選手や監督と厚い信頼関係を構築し、情熱を持ってサポートしていくことが、勝利につながっていきます。スポーツアナリストを目指すのなら、競技に関する十分な知識を持った上で有用な情報を収集するスキルを磨いておきたいですね。

スポーツアナリストの業界はまだまだ日本では開発中の分野です。しかしスポーツ業界では今後、データを活用するという戦い方がどんどん浸透していくことが考えられます。 スポーツに特化した専門学校ならば、スポーツアナリストになるための学習を積み重ねることができます。情報収集やデータ分析のスキルを磨き、情報戦術で選手やチームを勝利に導く有能なスポーツアナリストを目指しましょう。

仙台医健だからできる学び

業界では高い専門的な知識・技術はもちろん、
+αの力や人間力が求められます。
仙台医健では、これらの力を身に付けるために
様々なカリキュラム・制度を用意しています。

在学中からプロの現場で実践経験を積める

卒業後に業界へ出て即戦力となれるよう、仙台医健では業界と共に業界の現場で実習を通して、人材教育を行います。

世界トップレベルの技術を学ぶ!

海外教育提携校の協力のもと、最先端の知識・技術を学べる。

。海外実学研修を通して、先進の専門教育を本場で、しかも集中して教わることで日本で身につけた専門知識や技術にも磨きがかかります。

スポーツ業界のプロから学ぶ

仙台医健・東北で唯一、スポーツ・リハビリ・医療・保育士・幼稚園教諭を総合的に学べる専門学校です。スポーツ現場では各学科が連携してメディカルサポートチームを結成し、学科を超えた最前線の現場を学びます。仙台医健だからできる貴重な経験があなたを成長させます。

仙台医健は多数の資格の「養成認定校」です。

資格・就職分野


活躍できるフィールド:■スポーツアナリスト ■スポーツマネジメント ■チームフロント

取得可能な資格:■Microsoft Office Specialist ■NSCA認定CSCS(ストレングス&コンディショニングスペシャリスト) ■NSCA認定CPT(パーソナルトレーナー) ■JATI-ATI(トレーニング指導者) ■スポーツ各種コーチ資格 ■ドローン検定 ■アナリスト検定 など

業界で活躍するプロから学ぶ

河村先生

河村先生

プロ野球選手パーソナルトレーナーゼミ

プロ野球選手の専属トレーナーとして活躍した医健の卒業生・河村先生から、プロ選手が活躍できるコンディショニングについて学びます。

松永先生

松永先生

オンライン特別講義「プロ野球団トレーナーへの道」

東北楽天ゴールデンイーグルスのトレーナーとして活躍している福岡医健の卒業生・松永先生から選手のコンディショニングから競技復帰までを幅広く学びます。

山地先生

山地先生

プロ野球チームトレーナーゼミ

元広島東洋カープのトレーニングコーチとして活躍した医健の卒業生・山地先生からチームを強くするフィジカルトレーニングなどを学びます。

高島先生

高島先生

メジャーリーガーリハビリゼミ

元MLBワシントン・ナショナルズトレーナー、元オリックス・ブルーウェーブトレーナー高島先生からアスリートリハビリを学びます。

後関先生

後関先生

サッカーオリンピック日本代表トレーナーから学ぶ

プロンドンオリンピックサッカー日本代表のトレーナーとして活躍した後関先生から、トレーナーとしてのノウハウを学びます。

荒牧先生

荒牧先生

資格対策ゼミ

NSCA認定パーソナルトレーナーなど様々な資格取得のための対策講座をその資格のエキスパートから学びます。

安野先生

安野先生

プロサッカーチーム 勝利への貢献

Jリーグを制覇したチームのスポーツトレーナーとしても活躍したトレーナーよりチームを勝利へ導くトレーナー活動について学びました。

スタッフ紹介はこちら
仙台医健の授業風景

OPEN CAMPUS
さあ!自分の未来を見つけよう!

    You Tube

    Blog

    渡会先生
    担当:テーピング、
    アスレティックトレーナー論
    大内先生
    担当:入学事務局
    佐藤先生
    担当:キャリアセンター
    藤村先生
    担当:健康運動実践指導者資格対策、コミュニケーションスキル
    太田先生
    担当:キャリアセンター
    渡邊先生
    担当:スポーツマネジメント、水泳
    工藤先生
    担当:教務事務
    三浦先生
    担当:キャリアセンター
    吉田先生
    担当:教務事務
    佐藤先生
    担当:国際部

    私たちが入学前から卒業後まで、
    あなたの目標に向かって
    全力でサポートしていきます!!

    仙台医健では様々なスタッフが入学前から卒業後まであなたをしっかりサポートしていきます!カリキュラムや学園生活、卒業後の進路まであなたを様々な角度から全力でサポートします。

    仙台医健を見て体験しよう!!

    オープンキャンパスはこちら
    各種説明会はこちら

    仙台医健・スポーツ専門学校を
    もっと知ろう!