• サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 情報公開
  • LINE
  • YouTube
  • Twitter
  • ブログ
  • 入学をお考えの方へ
  • 在校生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 留学生の方へ
  • 企業の方へ
  • 高校の先生方へ

柔道整復科

骨折や脱臼、捻挫(ねんざ)など、ケガの施術ができる国家資格!


「柔道整復師」ってどんな仕事?

柔道整復師は、人間が本来持っている自然治癒力を活かしながら、独特の「手技」により施術を行います。深い知識と確かな技術、そして患者様とのコミュニケーションが何より大切にされる仕事です。

仕事内容の紹介

 問診

患者様が今どのような状態で、どういった悩みを抱えているのかを質問を交えて確認します。

 視診・触診

患部を見たり触ったりして、外傷の状態を確認します。

 包帯固定

整復後のケガ再発防止や患部の安静保持のために包帯で固定します。

 整復

骨折・脱臼・捻挫・打撲した部位を手でもとの状態に治します。

柔道整復師がスポーツトレーナーとして求められる理由

ポイント1

オリンピックやワールドカップなどに帯同するトレーナーには、骨折や脱臼の施術が行える柔道整復師の資格が強みに!

ポイント2

選手がケガをした際には、患部の状態を確認してアイシングやテーピングなどの応急処置や復帰へのサポートができる!

ポイント3

骨や筋肉について知り尽くしているからこそ、選手がケガをしにくい身体づくりをするためのアドバイスができる!

今大注目!機能訓練指導員として活躍

機能訓練指導員とは?

特別養護老人ホームなどの高齢者施設で筋力・身体機能の回復・維持を目的とした訓練、利用者同士のコミュニケーション促進を行います。高齢化社会が進む日本で今後更に注目されていく仕事の一つです。

さらに、5年間の経験を積めばケアマネージャー(介護支援専門員)もめざせる!

活躍できるフィールド

vadva

接骨院・整骨院
骨折や捻挫、脱臼、挫傷などのケガについて、適切な施術を行います。独立開業することもできます。

vadva

スポーツ施設
練習や試合中に起こるケガに、柔道整復師の知識・技術を用いて応急処置にあたることができます。

vadva

整形外科等の病院
整形外科で医師と協力・分担しながら働く柔道整復師が増えています。また、その後のリハビリに携わることができます。

vadva

介護・福祉分野
豊富な医療の知識を活かして、高齢者に対する施術、健康増進に携わることができます。

vadva

独立開業
柔道整復師には「開業権」があり、自分で接骨院や整骨院を開業することが可能です。

柔道整復師への3年間

  • 1

    柔道整復師の基礎を固める
    主なイベント
    国家試験対策
    国家試験特別講義
    専門基礎テスト
  • 2

    応用力・実践力を身につける
    主なイベント
    国家試験対策
    滋慶学園総長杯柔道大会
    国家試験対策模擬試験
  • 3

    国家試験に合格! 国家試験受験
    主なイベント
    国家試験対策講義・模擬試験
    認定実技審査対策
    就職セミナー
    解剖見学実習
    学内合同企業説明会/内定獲得/就職活動
    認定実技審査
卒業
柔道整復師として活躍

仙台医健の国家試験合格率

  • 2016年3月卒業生実績

    81.2%

    69名中56名合格
    全国平均64.3%

  • 2015年3月卒業生実績

    90.0%

    60名中54名合格
    全国平均65.7%

  • 2014年3月卒業生実績

    75.7%

    70名中53名合格
    全国平均75.3%

  • 2013年3月卒業生実績

    72.3%

    65名中47名合格
    全国平均68.2%

  • 2012年3月卒業生実績

    93.2%

    44名中41名合格
    全国平均77.4%

※全国平均は同年・同年度実施の総合の合格率です。

プロからのメッセージ

川村 一之先生

柔道整復科 Ⅰ部(昼間)午前集中コース 2015年3月卒業

中村早希さん

私立盛岡女子高等学校(現:盛岡誠桜高等学校)出身
■ 美波接骨院(盛岡市)勤務

柔道整復師をめざすあなたへ

私が仙台医健を選んだのは柔道整復の施術だけでなく、アスレティックトレーナーや鍼などの資格や知識を持った先生方から幅広い分野の知識を得られる魅力を感じたからです。これから柔道整復師をめざす方は痛みを取り除くことができるのは私たちしかいないと、誇りを持って勉学に励んでください。

仕事のやりがい

入社して間もない時期に部活をしている学生の固定から施術、リハビリメニューなどを組み、施術を行いました。選手とコミュニケーションを取りながら施術を行うことで、臨機応変に対応でき、重要な大会に間に合わせることができました。『ありがとう』と言われ、人のためになっていることを実感できた時には柔道整復師をしていてよかったなと思います。

PAGE TOP