国家資格「視能訓練士」って知ってますか

仙台医健専門学校

自分らしく輝きたい人へ 視能訓練士の魅力

視能訓練士とは、眼科医師の指示のもと、眼の機能検査や眼の機能障がいの検査をおこない、機能回復のための矯正訓練をおこなう眼科領域の医療技術者です。

こんな人に向いている視能訓練士リスト

視能訓練士の仕事

視能訓練士の仕事は、「検査」と「矯正訓練」という大きく2つに分けられます。

視機能検査

眼科の検査と言えば「視力検査」が想像されますが、視能訓練士は、様々な精密検査を行っています。遠視、近視、乱視といったような屈折異常に関する検査、白内障、緑内障などの眼疾患に関する検査、眼鏡やコンタクトレンズの処方に関する検査などを行います。

集団検診

病院や診療所での業務の他、地域の保健センターや学校での集団検診なども行います。乳幼児検診、学校検診、職場検診、成人病検診、といった集団検診を行うことで、眼科疾患の早期発見と早期治療、そして疾患の予防につながっているのです。

弱視や斜視などの訓練指導

子どもに多く見られる「弱視」「斜視」などの患者さんに、視機能を回復させるための訓練や指導、検査を行います。機械や薬を使った様々な検査を行いながら、患者さんの状態や障害の度合いにあわせて、最適な訓練プログラムを組み立て、実施します。

低視力者へのリハビリテーション指導

生活習慣病などの疾患により視機能障害を抱えた方や、中高年の低視力者は増加傾向にあります。こうした方がより快適に安心して生活ができるように指導、サポートをするのも視能訓練士の仕事です。具体的には、眼鏡や拡大鏡といった補助具の選定や使用に関する指導などを行います。

主な勤務先

眼科医師のいる病院(総合病院、大学病院など)、眼科医院、眼科診療所、保健所、福祉施設、医療研究機関、眼科クリニック

このページのトップへ戻る

ポイント:仕事もプライベートも充実・一生役に立つ国家資格・女性が働きやすい・専門性が高く、就職につよい

1万4千人の眼科医に対して、視能訓練士は約9000人前後。※2010年データ

眼科医に対して、視能訓練士の数は、まだまだ少なく、不足しているのが現状です。視能訓練士は、様々な医療機関で求められており、今後の活躍が一層期待されています。

勤務先は病院や眼科クリニック。

病院や眼科クリニックは、診療時間が決まっているため、残業も比較的少ない職場です。そのため、仕事後の時間を自分のために有効利用しやすく、仕事とプライベートの両方を充実させることも可能です。

視能訓練士の約90%が女性。※2010年データ

視能訓練士の資格保有者のほとんどは、女性です。女性が多い職種のため、一般の職種と比べても、女性にとって働きやすい環境が整えられています。

約93%の人が視能訓練士を続けたいと思っている。※2010年データ

視能訓練士の離職率は非常に低く、たとえば、結婚して子供ができて、育児のために休職するようなことになっても、多くの人が職場復帰しています。国家資格なので、たとえ一時的に働けなくなったとしても、比較的容易に復職できます。

このページのトップへ戻る

仙台医健で視能訓練士になろう

仙台医健で視能訓練士になるまでの流れ
姉妹校との連携で充実の授業&国家試験対策

滋慶学園グループ54校(内視能訓練士養成校5校)のネットワークを活かし、各校の特色・強みを共有し、国家試験・就職・実習・授業など様々な部分で連携を図っています。

視能訓練士 田邉恵子先生
視能訓練士
田邉 恵子先生

患者様に寄り添い眼の健康を支える仕事です
視能訓練科では、視力・視野などの一般的な検査や、斜視・弱視といった両眼視機能に障がいのある方への検査、視機能回復のための矯正訓練の方法などを学び、視能訓練士として活躍できる人材を育てます。
眼は人間の活動の要となる重要な器官であり、この仕事には高い専門性と、患者様の心に配慮できるあたたかな人間性が求められます。そしてこの仕事の最大の喜びは、患者様に寄り添いながら、訓練によって眼の機能を改善していくことにあると思います。ぜひしっかりした知識と技術を身につけ、それぞれの現場に羽ばたいて行かれることを期待しています。

このページのトップへ戻る

仙台医健についてもっと詳しく知りたい人はこちら

  • 資料請求する
  • 体験入学に参加する