手首を痛めた時のテーピングの一例!!

部活動トレーニング中などに手首に痛みを感じた時はどうしていますか?

特にテニスバスケットボール野球バドミントンなどの競技でおきる

手首のケガに有効なテーピングの巻き方を紹介いたします!!

ではさっそくスタート!!

1

まずは アンカーという土台を作っていきます。
アンカーテープは痛めたところが中心になるように、2つ作ります。
2

まずはひとつアンカーができました。

 

3
二つ目のアンカーです。

アンカーができたら センターという、
アンカーとアンカーをつなぐようにテーピングをします。
4

この時のポイントは「テーピングの伸縮をいかす」

ということです(伸びる、縮む、引っ張る)

(今回は手の甲をそらせると痛いという設定です。手首が内側になるようにテーピングの伸縮を使います)
5

このように、センターテープを少し短めに切ってアンカーとアンカーをつないで
少し手のひら側に引っ張られるように)張ることで、楽な姿勢をキープします

この後は痛めた患部が中心になるように
それぞれアンカー同士をクロスさせるようにあたらしくテープを張ります。
その名もずばり「クロス」テープです。
7

8
センターテープとクロステープがはがれないように
アンカーのところでもう一巻きずつすることで完成です

9

どうでしょうか?
簡単にテーピングが巻けました

今回は手首のテーピングでしたが
皆さんのご要望にお応えして、いろいろな部位のテーピングをこれからも
紹介していきます!

仙台医健の公式Youtubeページには部活やスポーツ、健康に役立つ動画も

ありますので、ぜひご覧ください!

仙台医健は東北で唯一
スポーツリハビリ医療 保育 を総合的に学べる専門学校です。